車検って、どこに出して同じ程度の点検と検査をしますよね。近所のガソリンスタンドとかの場合、陸運局の車検場に持ち込んで検査しますから、当然、いい加減なことはできません。

では、どうしてディーラーより安い費用で車検ができるのかというと、整備の差です。
ディーラー側からしたら、ユーザーが車検に出すということは、少なくともまだ2年は乗るだろうと考えます。したがって、しっかりと2年間分の整備をするわけです。

だから、車検代が高くなるわけです。

これが、ガソリンスタンドの車検代行ですと、私の知り合いなんかは、メンテナンスは自分でやるから、整備とかもあまり勧められてもほとんどが断るしかないのです。

ディーラーははっきりいって、必要のない整備も勧めてきます。それをどんどんいいなりで依頼していると、高くなるのは当たり前です。

それほど車に詳しくない人がメンテナンスしたとしても車検って、実は十分に通せます。そんなものですよ。
だから、10万円以上も車検にお金を出すなんて、もったいないですよ。

ただ、忙しい人とか整備なんか自分でできないという人は、時間をお金で買うということでいいのでは。

車検代で差が出るものとしては、車検代行の手数料もあります。ディーラーの方が高いです。

正直、車検した次の日にブレーキが鳴り出したなんてことは、激安の車検業者なら、ないことはないのです。

だから、車検をどこにお願いするのかは、ある意味自己責任なのです。

車検は、あくまでも自動車の安全性確保、公害防止の見地から「道路運送車両法」に適用しているかどうか検査するだけです。

要するに法的にOKならいいわけです。

それと解釈の仕方によるけど、安全性の確保については、車が不調だから車検に通らないということではないのです。

車検に合格すれば、その車の状態は万全という保証もないですよね。

だから、車検に求められるのは、安心感、費用の安さなのかなと思います。