車検業者といっても、意外と種類があります。
で、大きく分けると、まず認証工場があります。認証工場は検査前の整備をするところ。
それと、もう一つが指定工場で。こちらは検査前の整備と検査もできると国土交通省から許可を受けています。

要するに、検査ができるかどうかで違います。

どちらがいいかというのは、簡単にはいい切れません。

でも、指定整備工場の許可をうけるには、いろいろと条件をクリアしなくちゃいけません。社員数や有資格者数、会社の規模、サービスの質など・・・。

なので、やはり一定の基準をクリアしているってことで安心感はありますよね。

具体的にはいうと、ディーラーは、基本的に指定整備工場です。車検には2,3日かかります。あと、土日も営業しています。

指定整備工場は、自社工場があり、そこで車検までできるので車検専門の工場です。やはり、技術力のある会社が多いと思います。
ただし、最近は経営が結構きびしいかも・・・。

車検のフランチャイズ店は、店舗数が多いのがメリットです。また、ガソリンスタンド・カー用品店も店舗数が多いです。ただし、指定整備工場の数は少ないかも。
車検以外のことも相談できたりするので、助かるかもです。

ほかにも、ユーザー車検代行業者とかもあります。

ざっくりとメリット、デメリットを説明しますね。

ディーラーのメリットは、安心できるところです。ただし、人件費・純正部品による整備などコストは割高です。

指定整備工場は、土日休みで整備費も高いので、あまりメリットが多くないです。技術力もさまざまだし。
中古車販売店の場合は、大手なら実績が豊富だから安心できます。それに車検にかかる費用も安い。

車検フランチャイズは、店舗数が多いので、部品調達コストを削減できたりします。基本は低価格がメリットです。ただし、スピードはあるが、安心感でやや見劣りするかも。

ガソリンスタンド・カー用品店も低価格です。また、指定整備工場の大手であれば、スピード感、安心感もあります。

と、まぁ、こんな感じです。