「未分類」の記事一覧

より良い車検業者を探すおすすめの方法とは

未分類

車検をしてもらうのに、どんな業者があるのかっていうことがわかったら、できるだけ安く済ませられる車検業者でなおかつ、整備とかもしっかりとやってくれるところを選びたいものです。

そこで、大事なのが、見積りの比較です。
おすすめの車検業者を探し出すための、いくつかポイントをあげてみます。

・宣伝や広告を鵜呑みにしない
・実質的な費用の中身を確認する。
・複数の見積書をとり、比較する

ざっとこんな感じです。

まず、宣伝や広告を鵜呑みにしないことですが、これはよく格安車検とか5万円から車検を済ませられるみたいなキャッチコピーのあるチラシなどを見かけると思います。

けど、私も経験あるけど、実際に見積もりをとると全然そんな金額では済まないんです。つまり、あくまでも特別な例だけど、最安値で客を引き寄せる術ってことなんです。

つぎに、実質的な費用の中身を知ることも大事です。車検には、法定費用がかかりますけど、それはどこの業者も変わりありません。なので整備や交換費用などの中身を確認することで、実はそんなに今すぐに必要なものじゃないとかがわかります。そういうものを減らせば、安くなるでしょうし、勧められた内容に納得感があれば、高い車検とはいえませんよね。

車検の安い高いは、たしかに金額でわかりますが、安全性を買うというのも入っています。なので納得がいかないまま高い料金を支払う必要はどこにもないんです。

複数の見積書をとり、比較することは、非常に大事です。見積もりは多いほどいいですが、とはいえ、2、3社が限界かも。
で、比較してみると、どの項目が高いか、どれが同じとかやすいとかがわかりますし、トータルでも違いがわかります。

見積書で確認すべきことについてですが、まずトータルの費用がどれくらいかってこと。これは誰しもチェックすると思います。

法定費用はどこも同じです。そこで、整備と点検の費用を比較しましょう。この点が、業者によって変わるところです。

とにかく、安く済ませたい方もいれば、長く乗る車だから、きちんと整備して安全に乗りたい方もいます。

なので、自分の目的に合わせ業者選びしましょう。車検費用は安いに越したことはないのですが、だからといってなんでもかんでも省くと安全面で不安が残るかもしれません。

なので、費用が高くても安心を重視する人には、それが納得のいく車検費用になるわけです。

ただし、ある程度の相場は知っておくといいと思います。

車検に出す方法はさまざまですので、店舗によって価格や交換部品などの違います。

そこでまずは見積書をとり比較をすることが大切なんです。

車検業者のこととどこの業者がいいのかということ

未分類

車検業者といっても、意外と種類があります。
で、大きく分けると、まず認証工場があります。認証工場は検査前の整備をするところ。
それと、もう一つが指定工場で。こちらは検査前の整備と検査もできると国土交通省から許可を受けています。

要するに、検査ができるかどうかで違います。

どちらがいいかというのは、簡単にはいい切れません。

でも、指定整備工場の許可をうけるには、いろいろと条件をクリアしなくちゃいけません。社員数や有資格者数、会社の規模、サービスの質など・・・。

なので、やはり一定の基準をクリアしているってことで安心感はありますよね。

具体的にはいうと、ディーラーは、基本的に指定整備工場です。車検には2,3日かかります。あと、土日も営業しています。

指定整備工場は、自社工場があり、そこで車検までできるので車検専門の工場です。やはり、技術力のある会社が多いと思います。
ただし、最近は経営が結構きびしいかも・・・。

車検のフランチャイズ店は、店舗数が多いのがメリットです。また、ガソリンスタンド・カー用品店も店舗数が多いです。ただし、指定整備工場の数は少ないかも。
車検以外のことも相談できたりするので、助かるかもです。

ほかにも、ユーザー車検代行業者とかもあります。

ざっくりとメリット、デメリットを説明しますね。

ディーラーのメリットは、安心できるところです。ただし、人件費・純正部品による整備などコストは割高です。

指定整備工場は、土日休みで整備費も高いので、あまりメリットが多くないです。技術力もさまざまだし。
中古車販売店の場合は、大手なら実績が豊富だから安心できます。それに車検にかかる費用も安い。

車検フランチャイズは、店舗数が多いので、部品調達コストを削減できたりします。基本は低価格がメリットです。ただし、スピードはあるが、安心感でやや見劣りするかも。

ガソリンスタンド・カー用品店も低価格です。また、指定整備工場の大手であれば、スピード感、安心感もあります。

と、まぁ、こんな感じです。

車検に求められるのは、安心感、費用の安さなのかなと思います。

未分類

車検って、どこに出して同じ程度の点検と検査をしますよね。近所のガソリンスタンドとかの場合、陸運局の車検場に持ち込んで検査しますから、当然、いい加減なことはできません。

では、どうしてディーラーより安い費用で車検ができるのかというと、整備の差です。
ディーラー側からしたら、ユーザーが車検に出すということは、少なくともまだ2年は乗るだろうと考えます。したがって、しっかりと2年間分の整備をするわけです。

だから、車検代が高くなるわけです。

これが、ガソリンスタンドの車検代行ですと、私の知り合いなんかは、メンテナンスは自分でやるから、整備とかもあまり勧められてもほとんどが断るしかないのです。

ディーラーははっきりいって、必要のない整備も勧めてきます。それをどんどんいいなりで依頼していると、高くなるのは当たり前です。

それほど車に詳しくない人がメンテナンスしたとしても車検って、実は十分に通せます。そんなものですよ。
だから、10万円以上も車検にお金を出すなんて、もったいないですよ。

ただ、忙しい人とか整備なんか自分でできないという人は、時間をお金で買うということでいいのでは。

車検代で差が出るものとしては、車検代行の手数料もあります。ディーラーの方が高いです。

正直、車検した次の日にブレーキが鳴り出したなんてことは、激安の車検業者なら、ないことはないのです。

だから、車検をどこにお願いするのかは、ある意味自己責任なのです。

車検は、あくまでも自動車の安全性確保、公害防止の見地から「道路運送車両法」に適用しているかどうか検査するだけです。

要するに法的にOKならいいわけです。

それと解釈の仕方によるけど、安全性の確保については、車が不調だから車検に通らないということではないのです。

車検に合格すれば、その車の状態は万全という保証もないですよね。

だから、車検に求められるのは、安心感、費用の安さなのかなと思います。

ユキです!車検についてちょっと書きますね。

未分類

ユキです。

今、27歳で、カーショップで働いています。車が好きで、どうせならカーショップで働こうと思い、今のお店で働いています。

車は、もちろん運転するのが大好きで、一応、国内B級ライセンス持っています。趣味はドライブですし、乗っているのはマニュアル車ですよ!

ところで、話は変わりますけど、カーショップってことで、車検代行もやっています。

日々、接客とかしていると案外、車検について知らない人が多いんです。

そんなわけで車検について書いてみようと思います。

車検費用は、大きくは法定費用とそれ以外の諸費用に分けられます。法定費用というのは、実はどこの業者でやってもらっても金額は変わりません。車検費用で差がつくのは、その他諸費用なんです。

これが高いとか安いってことの理由になります。なので、できるだけ車検費用を安くしたいのなら、整備とかの費用の内訳をよく知ることですよ。抑えられるところは抑えるってことです。

で、法定費用というのは、自賠責保険料、自動車重量税、印紙代のこと。これは法律で決まっているため必ず支払う費用です。日本のどの業者で車検をしても費用は同じです。

とはいえ、どの車も一律ってわけではなく、車の種類や重さで違います。逆に言えば、車種、重さが同じならどこでも同金額です。

問題は、その他諸費用です。簡単に言えば、法定費用以外の諸経費です。具体的には、検査手数料、整備費用、引取りや納車の手数料、部品の交換とか、代車費用とかかな。

しかも、これらは車検業者によって費用が違います。うちは安いほうだけど。(^_^;)

なので、車検を安く受けるためには事前に見積もりをしてもらい、整備箇所とかについてきちんと説明を受けるといいですよ。不要な整備もあると思うし。

 

じゃあ、 車検を安く済ませるには、どうしたらいいのかってことですけど、業者選びでやっておくといいのが、諸経費を比較することです。実際に事前見積もりで比べられます。

整備料って整備の内容とか部品代、作業工賃とかで違いますからね。どんな整備をするのか明確な見積もりをもらうことです。頼んでもいないような整備が入っていたりしないか要チェックです。

で、いちばん安上がりなのは ユーザー車検ですけど、これは自分で法定24ヶ月点検をやって、運輸支局で車検しに行くことになります。それなら費用は法定費用のみなので、かなり安くなりますよね。

ただ、車のこととか知識がないと無理かな?

自分で点検した結果、分解整備とかの必要がなかった場合に限られたりするし。。。かなりハードル高いかも。ユーザー車検だともしかしたら安全性が確保できないなんてこともあるかもです。

他にもいろいろと節約というか安くできる方法については、また今度!

ページの先頭へ